新陳代謝が正常に行われている肌では、ターンオーバーがきちんと行われ、新しい細胞が下から押し出され、古い角質が剥がれ落ちて、その下から新しい表皮が生まれてきます。
このサイクルは基本的には28日といわれていますが、老化とともに少しづつサイクルが長くなります。

 

そのうえ、角質自体も未熟なものが新陳代謝によって生まれてきます。古い角質も剥がれ落ちにくくなり、肌の表面にとどまったままだったりします。
他にも、運動不足や食生活習慣が乱れると、新陳代謝のバランスが崩れてきて、ターンオーバーのサイクルも遅くなるのです。
これらのことが原因となり、古い角質が表皮から剥がれ落ちずに、どんどん分厚くなってしまうのです。

 

このターンオーバーは、顔の皮膚だけではなく、身体中の皮膚や頭皮でもおなじことが起きているのです。
頭皮については、角質層が厚くなると、顔にニキビができたり吹き出物ができたりするのと同じように、頭皮の毛穴が詰まる原因になってしまうのです。

 

 

頭皮は、毛穴の皮脂腺から皮脂がほどよく分泌されるために、表面が弱酸性に保たれ、肌を保湿し、雑菌や紫外線から守られているのです。
しかし、この毛穴が詰まると皮脂バランスが崩れて、頭皮が臭うようになったり、頭皮のコンディションも悪くなり、抜け毛やたるみの原因となってしまうのです。
西葛西のサロンでもそういったお客様は多いので、心配しないでくださいね!

 

このトラブルを防ぐ為には、ブラッシングをすることです。
古い角質を取り除き、新陳代謝を促進してくれるマッサージ効果があるのです。
ただし、美容室で施術したパーマ、カラーリング仕立ての人は、頭皮が敏感になっているので、1週間ほどは、ブラッシングを避けてください。ペースは週に1回、気持ちの良い程度に行ってください。